神戸市,三ノ宮(三宮)の矯正歯科(裏側矯正専門)は山之内矯正歯科クリニック
HOME>裏側矯正装置の製造工程

裏側矯正装置の製造工程

インコグニト矯正(舌側矯正 /裏側矯正)[インコグニト/アイブレイス]の治療プロセス
製造と治療の過程

ドイツの特別な製造所において、患者様の歯型に合わせて石膏模型が作られます。



熟練された技術者によって、治療が終了した後の状態に歯が並べられます。



その後、特別なコンピュータで患者様のオリジナルブラケットが設計されます。



次に鋳型が作られ、金合金で鋳造されます。



その後に、ブラケットの表面上は処理され、装着するためのトレーが作られます。このトレーは、正確にブラケットを装着するために必要なものになります。



治療の状況によって、随時交換されるワイヤーにより、歯は徐々に正確な位置へと移動していきます。



ブラケットを装着することで、装着から1~2週間程度で進行の確認を行います。
反面、口腔内への異物感は慣れるのに少しばかり時間を要します。
しかしながら、インコグニートはオーダーメイドなので、ほとんどの患者様は数日で慣れて頂けます。